出版の流れ



   最初に、お考えいただきたいこと  お役立ち情報 


 編集者との相性も大切な要素です!

  「自分らしい本」をつくるためには、著者と担当編集者の信頼関係がとても大切です。
完成度の高い本づくりは、編集者との共同作業なしではあり得ません。
 しかし、編集者の本づくりに対する感性、考え方やセンスも十人十色です。
できれば一社で決めてしまうのではなく、何社かに足を運び、自分が納得して
任せられる出版社を見つけることが肝心です。話をすれば、編集者の人柄や
仕事に対する考え方も分かることもあると思いますし、その出版社のこれまでの
刊行物を見ることで、信頼できるかどうかの判断基準にもなるでしょう。
 一般の方が本をつくることは、人生においてそう何度も経験できるものではありません。
だからこそ、後悔しない出版社を選ぶことが大切です。




  本ができるまでの工程


  ① 原稿を書く もっと詳しく               
  ② 原稿の持込み・内容チェック  もっと詳しく    
 ③ 本の体裁や冊数をもとに費用算出 もっと詳しく

④ ご契約・製作開始  もっと詳しく        

⑤ 組版作業・校閲 もっと詳しく          

⑥ 校正作業完了                         

⑦ 印刷・製本  もっと詳しく            

⑧ 納本 もっと詳しく                




トップページに戻る

Copyright©2016 MARUZEN OKAYAMA Translation and Printing All Rights Reserved.